夢を実現するたった一つの法則をご紹介しちゃいます。

夢とか、やりたいことはあるんだけど、なかなか出来そうもないし、何をすればいいかわからなくて、いつまでたっても行動出来ないんだよねえ~

夢がある。やりたいことがある。でも、未来がどうなるか不安でなかなか行動に踏み出せない。そんなあなたにこそ聞いてほしい話です。

成功の法則【WOOPの法則】

比較的新しく出てきた心理学的手法です。「ウープの法則」と読みます。
従来は、ポジティブシンキングによる目標設定が行われてきました。

詳しい説明は割愛しますが、「わたしはイケてる」「わたしならできる」と思うこと。
実はこのポジティブシンキングの手法、あまり効果がないことを最新の研究が明らかにしてしまいました。

そして実用性を見直し、新しく考案されたのが今回紹介する「WOOPの法則」です。

「WOOP」それぞれ英単語の頭文字になっています。

W…Wish(願い)
O…Outcome(結果)
O…Obstacle(障壁)
P…Plan(計画)

W…Wish(願い)

願望を可視化する段階です。

この段階にはコツがあります。それは、実現可能性を考慮することです。

理由は、WOOPの法則はサイクルを回すこと前提で作られているからです。

重要性が高く、簡単すぎも難しすぎもしないものを設定します。

「透明になる」などは現在の技術では難しすぎるかもしれませんね。

O…Outcome(結果)

目標を達成するとどんないいことがあるかを明確にします。

「毎日50回は縄跳びをする」という目標を設定したら、「ジャンプ力が上がる」「脚の筋肉が付いて代謝が上がる」「痩せやすくなる」「気分がハイになる」などが考えられますよね。

この段階を踏まえることで、「やらなきゃ」から「やりたい」にマインドセットすることが出来ます。

「好き」は強いですよ~!

O…Obstacle(障壁)

さて、この段階では「邪魔」について考えます。

いざあなたが目標を達成したときに何が壁になってきますか?
細かいことでも、可能性の低いことでも構いません。

「縄跳び中に車にひかれる」「アイスを食べたらお休みモード」「縄跳びがちぎれる」「靴が壊れてパカパカ」など、考えられる壁を予測しておきます。

壁が予測できれば、対策も立てられますからね!

P…Plan(計画)

「邪魔」に対する「対策」を立てる段階です。

「車が通らないところでやる」「アイスを食べる前にやる」「縄跳びの予備を準備しておく」「靴のストックを準備しておく」など、対策を立てておきます。

これをしておくことで、目標達成可能性をグンと上げることが出来ます。

備えあれば憂いなし!

まとめ

WOOPの法則についてお話ししました。

なかなか行動出来ない…というあなた、ぜひ活用してみてくださいね。

実は、うちのチームの「しつもんメンタルトレーニング」にはこの法則を採用しています。ご興味があればお問い合わせください(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です