まさか小学生からこんな言葉が。

こんにちは、中田です。
クリスマスはいかがお過ごしでしたか?

南半球のオーストラリアではサンタクロースがサーフィンをしているそうです。なるほど…。

ちなみに私の担任している子は、

お年玉を前借りしてキャラクターのぬいぐるみを買ってもらったそうです。(笑)

さて、たまには活動報告をします。

栃木県内の小中学生をターゲットにバレーボールの個別指導をしているのですが、最近口コミで来てくれる人が増えています。
個別集中で練習できる場自体が貴重なのかもしれません。

先日中学2年生のお姉さんのレッスンについてきた小学5年生のOくん。
これがなかなかの大物なんです。

うちの個別レッスンには、はじめとおわりにトークタイムがあるのですが、その中での会話です。↓(N:中田)

―――――――――――――――――――――――――

N:Oくんはさ、好きなこととかあるの?

O:んー、学校では一輪車やってます。(ちゃんと敬語使える子)

N:お、いいね。最近なにかできるようになった?

O:できるようになったというか、最近新しい一輪車が使えるようになったんです。

N:新しい一輪車はどうだった?

O:まだ使ってません。

N:使わないの?

O:みんなが新しいの使いたくて、だから俺は使ってないんです。

N:Oくんも混ざって使えばいいのに!

O:いいんです。

N:悔しくないの?

O:うん。だって、そんなんで俺の価値は変わらないから。

―――――――――――――――――――――――――

…おまえは仏か。
下半期で、いや今年で一番の驚き。

中田は平然とトークタイムを続けましたが、心の中は感動の涙で大洪水。

勉強ができないから価値がない?
スポーツができないから価値がない?

違います。

人って、そこに存在する、それだけでかけがえのない価値ですよね。
そこに価値を見出せるのが愛ですよね。

生きててはいけない人なんて、いないんですよね。

「必要のない人間なんていないんだよねえ~」
と、小学5年生とそんな話をしてしまいました。

まさか、一輪車の話からこんなことになろうとは。
これからは彼のことを師匠と呼ばせていただこうと思います。

バレーボールの話をまったくしていない?
きっとあなたの気のせいです。

ではまた。再見。
よいお年をお過ごしください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です