サーブは入れていくもの??

※夏に書いた記事です。

こんにちは、中田です。

8月4日のバレーボールミーティング2019に向けて、福岡に向かっています。新幹線の中で読んでいる本に、こんな言葉が出てきました。

バレーボールの勝敗を決めるのは”サーブ”!!

ちなみにこの言葉、全日本の元スーパーエース、山本隆弘さんが書いた
「バレーボール超観戦術 数の視点で、プレーの駆け引きを読み解く」
という本に書かれています。

サーブがすべてを決めるかというと、ウ~ン。な感じはしますが、割と的を得ているのではないかと思います。

どういうことか、書いていきたいと思います。

そもそも

サーブは、入れてナンボのものだった

というところから。

試合観戦に行くと、しばしばこんな場面に出くわします。↓

—————————–

3セット目、デュースの場面。どちらも同点です。

サーブの笛が鳴り、観客席から声援が飛びます。

「サーブ、入れてけー!!!」
選手はライン際を狙ってサーブを打ちますが、惜しくもアウト。

観客席からは、

「あ~あ。」というため息。

結局、そのセットは落としてしまいました。

「サーブミス、モッタイナイ…」

―完―

—————————–

いかがでしたか?きっと心当たりがありますよね。

上の場面では、観客は間違ったことは何一つ言っていません。

「サーブが入っていれば勝てたかも。」その通り。
「あの場面でサーブミスはダメだよ。」それも合っています。

そんなこと、選手だって分かっていますよ。

サーブは入ったほうがいいに決まっているし、
サーブミスしたい選手なんて一人としていません。

では、なぜサーブミスが生まれるのか。

それは、現代バレーの戦術レベルが高くなってきているからです。

サーブの歴史を辿ってみます。

昔は、一人のエースが大活躍し、とにかくトスを上げる先はエース、エース、エース。決めきれなかったらエースが悪い。試合に負けたらエースの実力不足。

(私がエースだったら干からびてしまいそうです…)

そんな中、対エースのブロック戦術や、ブロックとレシーブを連携させる考え方が生まれてきました。

例えば、ブロックの枚数を増やす。

例えば、ブロックがワンタッチすることを想定したレシーブの位置取りをする。

対エースのことをメインに考えれば良かったのですから、
プレー中は初めから相手エースに合わせて位置取りさえすればよかった。
この時点では、サーブで相手を崩すメリットは今ほどにはありませんでした。

変わったのは、攻撃戦術でした。

今、攻撃戦術のスタンダードはどうなっているのか。

端的に言うと、

一人のエースではなく、それぞれのアタッカーが満遍なく得点する

という状況を理想としています。

ということは、相手のエースばかりに執着しているわけにはいかないわけです。

エースはエースの攻撃力をもちながら、他のアタッカーもあの手この手でグイグイ打ち込んでくる時代です。

リードブロックやバンチシフトなどは、ここから生まれています。

そして一番の守備戦術として注目され始まったものがありました。

そうです、サーブです。

例えば、エンドラインの辺りからクイックを打って得点するのって、無理がありますよね。

サーブで相手を崩すことでトスの上がる先を限定し、ディフェンス優位にもち込む。

そういったわけで、従来よりも強化されたサーブが次々に開発されたのです。

ですが、有効なサーブを打とうとすると、それだけギリギリを狙ったり、フルパワーで腕を振る必要があります。

要するに、リスクとリターンの問題です。

サーブは攻めなければならない。
しかし、攻めれば攻めるほどアウトやネットになる確率は上がる。

そのことをチーム(観客含む)として理解しているのと、理解していないのではチームの質が違います。

以下、まとめ。

現代のバレーボールでは、

〇サーブはプレーの初めの、個人による攻撃である。
〇それと同時に、守備の起点である。
〇よって、サーブは攻めるもの。
〇攻めるサーブを打つことは、リスクを伴う。

今、岡山を過ぎたところです。
ではまた再見!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です