「声を出せ!」←意味ないです。

栃木県/さくら市/バレーボールスクール/AVANZAR

代表の中田です。

当スクールのクラブチームでは

小学部・中学部ともに子どもたちがいきいきと活動しています。

さて、なかなか炎上しそうなタイトルを付けてしまいましたが…

先日、ある中学校で
バレーボールプレイヤーのための
メンタルトレーニングの講座を開催しました。

「何のために声を出すのか?」

というテーマで、声出しの目的を探ってもらいました。

生徒達に話し合ってもらいつつ進める形をとったのですが

その内容が思ったよりも充実していましたので

記事にて紹介させていただきます。

結論から言うと、

「監督に怒られるから」と出す声に意味はありません。

では、続きます。

声を出す目的①情報を整理するため

バレーボールに限らず、

スポーツは反省→実践の繰り返しです。

 

「今のは、わたしがレシーブ!」

 
 

「相手セッター前衛、ツーあるよ~」

 
 

「相手エース後衛、バックあるよ~」

 

自分たちのプレーがどうだったか

相手のコートがどういう状況なのか

声をかけあって情報を共有する目的です。

整理した情報をもとに

次のプレーをどうするか考えられます。

声を出す目的②良いイメージをもつため

いきなりですが、あなたにしつもんです。

サイコーに満喫している休日を思い浮かべてください。

思い浮かべましたか?

今、あなたはどんな表情をしていますか?

楽しいことや、のんびりしていることを想像して

さぞかしニヤニヤしていることでしょう…。

わたしは一言、しつもんをしただけですが

あなたは今、笑顔です。

このように、言葉の力・イメージの力によって

ひとは変えられます。

以下の文章をご覧ください。

将来の夢
(名前は伏せておきます)
ぼくは大人になったら 世界一のサッカー選手になりたいと言うよりなる。

世界一になるには 世界一練習しないとダメだ。だから 今ぼくはガンバっている。今はヘタだけれどガンバって 必ず世界一になる。

そして 世界一になったら 大金持ちになって親孝行する。

Wカップで有名になって ぼくは外国から呼ばれて ヨーロッパのセリエAに入団します。そして レギュラーになって 10番で活躍します。一年間の給料は40億円はほしいです。プーマとけいやくしてスパイクやジャンバーを作り 世界中の人がこの僕が作ったスパイクやジャンバーを買って行ってくれることを夢みている。

一方 世界中のみんなが注目し 世界中で一番さわぐ4年に一度のWカップに出場します。セリエAで活躍しているぼくは 日本に帰り ミーティングをし 10番をもらってチームの看板です。ブラジルと決勝戦をし 2対1でブラジルを破りたいです。この得点も兄と力を合わせ 世界の競ごうをうまくかわし いいパスをだし合って得点を入れることがぼくの夢です。

小学6年生とは思えない文章です。

実はこれ、サッカーの本田圭佑選手の書いたものです。

彼は小学校卒業後も夢をもち、努力を続けたことでしょう。

大人になってからは日本代表も経験し、

セリエAのACミランというチームでもプレーしています。

言霊(ことだま)という言葉があるように、

一度言葉にしたことは、それに向かって努力しやすいのです。

本田選手に限らず、成功する人は言葉を上手に使っています。

声を出す目的③自分をふるい立たせるため

 

うおぉ~!やるぞぉ~!!!

 
 

くっそ~!くやしい~~~

 
 

わあぁぁぁやったーーーーー!!!

 

…うちのクラブでよく聞こえてきますね。

感情がわいてきたときに出ることが多いです。

「感情を声に出す」って、よくも悪くも効果バツグンなんですよね。

「感情を頭で言葉にする」にくわえて

「口に出す」→「自分の声が耳に届く」ので

なんとなく感じているだけの3倍以上

脳に効くんだそうです。

だから

「がんばるぞ」と言えばがんばる気になるし

「つらい」と言えばなんだかいやな気になります。

余談ですが、陸上の短距離走の選手は

ゴール直前に大声を出すそうです。

普段は、カラダが無理をしないように

筋肉の70%~80%の力しか出せないように

脳がコントロールしているのですが

大声を出しているときはその機能が外れるそうです。

重たいものを持つときに「ん~っ!!!」とか

言っちゃいますしね。

まとめ

声を出す目的について

・情報を整理するため
・良いイメージをもつため
・自分をふるい立たせるため

以上をご紹介しました。
時間があれば、もっとたくさん意見が出たかと思います。

どれにも共通していたのは

プレイヤーがチームのために声を出していることです。
(監督さんのために、ではなくてね)

そう考えて声を出せるようになると
プレイヤーとしてまた一歩、成長できますよ。

記事としては以上になります。

詳しくはお問い合わせください

スクールのことが少しでも気になったら
お問い合わせいただいた上で体験にきてみてください!

 

こちらからお問い合わせください