あなどるなかれ、日本のスポーツ

※夏に書いた記事です。

こんにちは、中田です。

最近なかなかハードなスケジュールで過ごしていたので、今になって録り溜めしておいたFIVBワールドカップバレーボール男子を腰を据えて観戦しています。

一言でいうと、数年前とは見違えるくらいの進化。
数えきれないほどの変化が見られます。

(少し前まで「しょせん日本だからなあ~」と、半ば諦めの境地でしぶしぶ観戦していたのは内緒です。)

アタッカーの攻撃参加の姿勢
それを可能にするディフェンスシステム
なによりも、ミスを恐れないプレー、コート内の雰囲気

見ごたえバッチリですね!

 

個人的に考えていることは、
この躍進をアンダーカテゴリーにどう落とし込むか、ということ。

今、全日本のコートに立っている選手のように
自ら考え、動けるプレイヤーの育成。

 

「あの頃の日本は、強かったなあ~」で終わらないように。

プレイスキルはもちろんですが、メンタル、フィジカル、システムなど
アンダーカテゴリーレベルで見直すべきことがたくさん!

 

今回は完全にラグビーの裏番組になりましたが(笑)
バレー界も負けずに盛り上がっていきたいと思います。

ラグビーはラグビーでとてつもなくエキサイティングだし、
スポーツ観戦がはかどっちゃって…(多忙の原因)。

仕事に支障が出ないよう気を付けます。

思ったことをただ書いてみました。再見!

スクールのことが少しでも気になったら
お問い合わせいただいた上で体験にきてみてください!

 

こちらからお問い合わせください