仏様の指

栃木県/さくら市/バレーボールスクール/AVANZAR

代表の中田です。

うちのクラブチームでは

県内の小学生・中学生が活躍しています。

先日、出張レッスンをさせていただいた中学校さんから
「ちょっとした練習試合があるから観に来てくれないか」
と、連絡がありまして…

ぜひ、ということで
行ってきました!

保護者枠で(笑)

会場に私が到着すると

「中田さんこんにちは~!」
と、何人かが声をかけてくれたのですが…

こんにち…おいおい、試合中じゃんか

なんならサーブ打たれる笛なってるし。

そんなことはお構いなしなのが
いかにも子どもらしいです。

その後ちゃんと
顧問の先生に怒られてました(笑)
どんまい。

会場には数校が集まっていたのですが
レッスンに伺ったところの生徒達は
すごく頑張ってくれていました。

他の学校の生徒も頑張っていました。
生徒だけでなく、顧問の先生や保護者まで
ものすごい熱量で応援していました。

スポーツで会場のみんなが
つながっている瞬間でしたね。

一方、熱が入りすぎた外野が
言いすぎてしまう場面もちらほら。

部活あるあるだなあ~と思いながら
楽しく観戦させていただきました。

指導者・保護者のありかた

さてここから本題です。
(長くなってスミマセン)

本来、子どもは自分で成長したがっています。
それを支援するのが指導者です。

何から何まで、
うるさいくらいに口を出す指導者もいます。

子どもをいろいろな面で
指導することは大切ですが

いちいち指示していると
子どもが自分自身で考えなく
なってしまうこともあります。

わたしが以前
自己研鑽のために読んだ本の一説をご紹介します。

仏様の指

「仏様がある時、道ばたに立っていらっしゃると、一人の男が荷物をいっぱい積んだ車を引いて通りかかった。そこはたいへんなぬかるみであった。車は、そのぬかるみにはまってしまって、男は懸命に引くけれども、車は動こうともしない。男は汗びっしょりになって苦しんでいる。いつまでたっても、どうしても車は抜けない。その時、仏様は、しばらく男のようすを見ていらしたが、ちょっと指でその車におふれになった。その瞬間、車はすっとぬかるみから抜けて、からからと男は引いていってしまった。」

という話です。

「こういうのがほんとうの一級の教師なんだ。男はみ仏の指の力にあずかったことを永遠に知らない。自分が努力して,遂に引き得たという自信と喜びとで、その車を引いていったのだ」

こういうふうにおっしゃいました。

そして

「生徒に慕われているということは、たいへん結構なことだ。しかし、まあいいところ、二流か三流だな」

と言って、私の顔を見て、
にっこりなさいました。

私は考えさせられました。

日がたつにつれ、年がたつにつれて、
深い感動となりました。

そうして、もしその仏様のお力によって
その車がひき抜けたことを男が知ったら、
男は仏様にひざまずいて感謝したでしょう。

けれども、

それでは男の一人で生きていく力、生きぬく力は、
何分の一かに減っただろうと思いました。

仏様のお力によってそこを抜けることが
できたという喜びはありますけれども、
それも幸福な思いではありますけれど、

生涯一人で生きていく時の自信に満ちた、
真の強さ、それには
はるかに及ばなかっただろうと思う時、

私は先生のおっしゃった意味が深く深く考えられるのです。

大村はま著「新編教えるということ」(筑摩書房)

子育ては仏様の指で

アバンザールではバレーボールを通して
成長期の子供の自立をサポートしています。

ご興味・ご質問などございましたら
お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせはこちらから

    問い合わせ内容
    バレーボール塾についてチーム活動について個別レッスンについてSAQ教室について出張レッスンについてオンラインコンテンツについて料金についてバレーボール全般についてその他質問したい参加したい

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です