あしたがある、
アバンザール。

アバンザールは

【子ども達の未来をサポート】
を理念に

2020年から活動しています。

スポーツを通して

「運動する楽しさ」
「挑戦する楽しさ」
「成長する楽しさ」

これらを実感し

子ども達が自分で考え、

自分から行動するための経験や
学びの場を提供しています。

スクール名の由来

AVANZAR
(アバンザール)

ポルトガル語で
「前に向かって進む」
という意味があります。

昨日の自分よりも今日の自分。

挑戦しながら一歩一歩
前進していくことで

子ども達自身が
「成長する自分」を
楽しめるような
経験の場を提供します。

人間力を育てる

AVANZARはバレーボールの
レッスンを実践していますが

バレーボールの技術だけでなく
生徒の将来を創る【人間力】を育成します。

人間力とは

困難に直面したときにも

自分で考え
仲間と行動し
問題を解決していく

自己実現の力です。

人間力を身に付けることで、

・仲間と協力して物事を成し遂げることが出来るようになります
・自分に自信をもつことができ、笑顔が増えます
・自分の知らない世界にも積極的に関わり、成長し続けることが出来ます

これらのことが
子ども達の「自立」に
つながります。

なぜ、バレーボールなのか?

 

選手は
ソリストではなく
オーケストラの一員。

一人でも
「僕は特別だ」と
思ってしまったら
もうダメなのです

ベルナルド・レゼンデ(元ブラジル男子バレーボールナショナルチーム監督)

バレーボールは簡単に言うと
自コートにボールを落とさず
相手のコートにボールを落とす
そんな競技です。

自分たちのコートに
ボールが落ちないように
ブロック・レシーブ

セッターがアタッカーに
できるだけ打ちやすいトス

つないだボールをアタッカーが
相手コートに落とそうと
全力で攻撃

アタッカーが安心して
攻撃出来るよう
味方は全力フォロー

  • あのブロックがなければ。
  • あのレシーブがなければ。
  • あのトスがなければ。
  • あのスパイクがなければ。

チームの一つ一つのプレーが
つながって初めて

一点を取ることが
できるのです。

たった数秒のラリーの中で

チームメイトへの
「感謝」や「尊敬」が

次々と生まれていきます。

コミュニケーションツールとしてのバレーボール

バレーボールは勝利を目指して
相手チームと
競い合うスポーツですが

生涯スポーツとしても
多くの人に愛されています。

  • バレーボールで人と関わるんだ。
  • 友人や仲間という財産を築いていくんだ。

こうした心を忘れずに
もち続けることができれば

バレーボールは
人生を豊かにしてくれる

最高のツールになるでしょう。